リフォーム時のクロス(壁紙)貼替格安!の注意点【東京・関東圏】①

株式会社 REVIVE

03-6319-3925

〒163-0532 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32階

リフォーム、リノベーション

リフォーム時のクロス(壁紙)貼替格安!の注意点【東京・関東圏】①

info advance

2017/09/07 リフォーム時のクロス(壁紙)貼替格安!の注意点【東京・関東圏】①

不動産業者

【クロス(壁紙)の貼替工事】

 

賃貸経営、不動産投資、不動産再販業者での勤務等の経験があれば、一度はリフォーム工事の見積書を拝見したことがあるであろう。原状回復工事やリノベーション工事では状態がよほど良くない限り、クロス(壁紙)の貼替工事は欠かせない項目となる。

昨今、インターネットの復旧により平米単価で金額の定まる工事項目において単価があらわになってきている。エリアにより異なるが、東京・千葉・埼玉・神奈川等関東圏内のリフォーム業者でのクロス貼替の平米単価は次第に統一される傾向にある。

 

 

【クロス(壁紙)貼替、格安の広告】

 

その中でもクロス(壁紙)工事格安!との広告を見かけることが増えた。やはり賃貸物件のキャッシュフローを厳密に意識すると頻繁に行われるクロスの貼替は、相場よりも安い業者へ依頼し費用を抑えたいのが実情であろう。だが、ここで注意が必要だ。

確かに、クロスの貼替における工事単価の安い業者は存在する。インターネットで拝見する格安、との広告が嘘や詐欺というわけではない。実際に施工はされ、後から莫大な費用請求がくるという話でもない。問題は『質』である。「安かろうは悪かろう」という感想を抱く可能性が高いということだ。

 

 

【クロス(壁紙)工事の価格が安くなる理由】

 

クロスの貼替の原価は大抵決まっている。壁紙そのものの費用や施工時に必要となる糊代、施工費、下地処理代、交通費等の諸経費、既存クロスの処分費、施工管理費等が単価費用に含まれる。そこから業者毎の費用に差がつくのが「壁紙そのものの費用」、「施工費」、「施工管理費」の3点となる。

 

壁紙は基本的にはメーカー物を取り扱うリフォーム業者が非常に多く、「サンゲツ」「リリカラ」「シンコール」のクロスが多用される。よって壁紙そのものの質の優越はさほどないと考えてよい。

 

重要となるのは「施工管理費」と「施工費」となる。

 

同じクロス単価のリフォーム業者であってもこの2点の割合が平米単価の内訳として、どのようになっているかが留意点となる。

 

この2点については平たく説明するとすれば、「施工管理費」は施工業者の利益となる部分。「施工費」は人件費となる。

 

つまり、クロス単価が格安となる場合には以下の2つのケースに該当する。

 

①リフォーム業者が利益を薄め出精値引きをしているケース

②人件費の安いスタッフを派遣しているケース

 

 

続きはこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
株式会社 REVIVE  担当:相場・安西

 

【事業内容】
東京・神奈川・埼玉・千葉のリフォーム、リノベーション。
「思いやり×戦略」を企業理念にお客様から「ありがとう」を
いただけますよう、最適なリフォームプランをご提供します。
【住所】〒164-0013 東京都新宿区西新宿1-26-2新宿野村ビル32階
【電話番号】03-4400-2061
【HP】http://revive1st.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

TOP